未分類

ワイモバイルのポケットWiFiを今日初めて使ってみましたが…。

投稿日:

docomoやY!mobile(Yモバイル)なら、3日間で1GBという通信量をオーバーすると、しばらくの間速度制限を受けることになりますが、WiMAX(ノーリミットモード)だとしたら、そんな制限は設定されていません。
今現在WiMAXを使用しているのですが、先入観無しでモバイルWiFiルーターを比較し、「現実の上で特に太鼓判のおせるものはどれになるのか?」を確認したいと思っているところです。
WiMAX2+は、平成25年より市場に提供され始めた回線サービスなのです。それまで主流だったWiMAXと比べましても、通信速度などが向上し、多くのプロバイダーが最先端のWiMAXとして、力を入れて販売しているというわけです。
私の方でワイモバイルとWiMAXという2種類のモバイルWiFiルーターの速度や毎月の料金などを比較してみたところ、上位機種においての下り最大速度以外の大体の項目で、WiMAXの方が秀でていることが把握できました。
一番凄いプロバイダーなどは、キャッシュバックを40000円に迫るような金額に設定しているので、モバイルWiFiの月額料金が別のプロバイダーと見比べて高いとしましても、「きちんと金額を弾いてみるとかえって安くつく」ということが考えられるわけです。

WiMAX2+のギガ放題プランにすれば、1ヶ月7GBというデータ使用量の制限はありませんが、3日間で3GBをオーバーすることになると、速度制限に引っかかってしまうということを念頭に置いておくようにしましょう。
LTEと言っているのは、携帯電話であったりスマートフォンなどに盛り込まれているこれまでにない高速モバイル通信規格になります。3G通信回線と4G通信回線の間に位置する通信規格ということもあり、WiMAXと同等の3.9Gとされています。
WiMAXモバイルルーターについては、携行できるように製造された機器ですから、カバンなどに十分に入る小型サイズということになっていますが、使う場合はその前に充電しておかなければいけません。
スマホで使用しているLTE回線とシステム的に異なっていますのは、スマホは端末自体が何も介さずに電波を受信するというのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターを介して電波を受信するというところだと考えます。
毎月毎月の料金以外にも、回線速度だったりキャッシュバックキャンペーンなどもリサーチすることが大切だと言えます。それらを押さえて、近頃高評価のモバイルルーターをランキングにしてご披露いたします。

プロバイダーの1社「GMOとくとくBB」は、お得なキャッシュバックキャンペーンを継続していますが、キャッシュバックされるお金をちゃんと入金してもらうためにも、「キャッシュバック振込案内メール」が届くようにメール設定しておかなければなりません。
ワイモバイルのポケットWiFiを今日初めて使ってみましたが、これまで愛用していたほぼ同一のサービスを推進している同業他社のモノと比較しても、通信品質などの面はほとんど変わらないというふうに思いました。
知らない人も多いと思いますが、「ポケットWiFi」というのはワイモバイルの登録商標なのです。だけどもWiFiルーターの1種ということから、現在では通常の名詞だと思われている人が多くを占めます。
WiMAXを進化させた形で発売されたWiMAX2+は、従来型のWiMAXの3倍もの速さでモバイル通信ができるとのことです。しかも通信モードを変えることにより、WiMAXとWiMAX2+の他に、au 4G LTE回線も使うことができます。
WiMAXにおきましては、複数のプロバイダーが率先してやっているキャッシュバックキャンペーンが注目を集めていますが、当ページでは、WiMAXは本当に通信量制限規定が設けられておらず、お得になっているのかについてまとめてあります。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

外出先や自宅でWiFiを使用したいと言うなら…。

WiMAXというのはモバイルWiFiルーターの一種で、屋内にいる時でも外出している先でもネットに繋ぐことができ、尚且つ1カ月間の通信量も制限されていないという、非常に評価の高いWiFiルーターだと言っ …

no image

WiMAXモバイルルーター自体は…。

WiMAXの「ギガ放題」は、データ通信量が3日で3GBを超えてしまうと速度制限が掛かりますが、それがあってもそれ相応の速さは確保されますので、速度制限にビクビクすることはナンセンスです。WIMAXの「 …

no image

プロバイダー毎にキャッシュバックされる時期はまちまちです…。

自社で回線を所有していないプロバイダーは、本家と言えるUQWiMAXから通信回線をレンタルさせてもらうためのコストしかかからないので、UQWiMAXと比較しようとも、その料金は低い金額になっていること …

no image

スマホで使用しているLTE回線と形上異なるという部分は…。

「モバイルWiFiにチェンジしようと思っているけど、無制限・高速モバイル通信として注目を集めるWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供しているポケットWiFiのどっちにすべきかなかなか決断できな …

no image

この先WiMAXを購入するというときは…。

現段階ではWiMAX2+の通信サービスエリアになっていないという方も、今現在購入できるWiFiルーターであれば、従来のWiMAXにも接続できることになっていますし、追加でオプション料金を払えば、高速ワ …